男のための恋活・婚活バイブル【マッチテク】

中折れとは?原因と治療なしの中折れ対策法!

中折れとは?原因と治療なしの中折れ対策法!

いざ挿入!すると途中でペニスが萎えていってしまう…。こうなると、女性は気持ちよくなれず、男性にとっても自信をなくしてしまう大きな原因になりますよね。

そこで今回は「中折れの原因」と「中折れを改善する対策」について解説します。

※当サイトは大人向けコンテンツを掲載しているため、18歳未満の方はご退出ください。

中折れとは?

中折れとは?

中折れとは、性行為において挿入前は勃起するのに、挿入中に少しずつ萎えていくED(勃起不全)のことです。

中高年男性の多くは、この “中折れ” の経験を持っており、30代後半~40代にかけて増え始め、50歳になる頃には約7割以上を占めています。

たとえ中折れしていても挿入から射精まではイケるため、「本人にEDの自覚がない」または、EDの自覚は多少あるものの男性のプライドが邪魔をして、「認めたくはない」というのが事実です。

中折れしてしまう男性について、女性はどう思ってる?

中折れしてしまう男性について、女性はどう思ってる?

セックス中に中折れしてしまう男性について、女性はどう思っているのでしょうか。クラウドソーシングやSNSを活用して、リアルな女性の声をアンケート調査しました!

「私じゃ満足できないのかな・・・」

私のじゃ気持ちよくないのかな?・・・と本気で思ってしまい、超ショックです。(21歳 学生)

「物足りない・・・」

男として女性を満足させるのが義務だと思います!硬いおちんちんじゃないと物足りなくて、最後までイケません・・・。(27歳 保育士)

「情けない!無礼!」

中折れなんて男としてホント情けないし、女性に対して無礼でしかない!それって私のマンコが気持ちよくないってことでしょ?怒(25歳 主婦)

実にエグい答えで、筆者もショックです・・・。笑

女性の方が性欲が高く、女子会の下ネタは男よりエグいと言われていますが、まさにその通りと痛感する結果となりました。

このように中折れする男性に対して「女性は満足していない」というのが事実です。

そこで次章から、中折れの原因や対策について詳しく紹介していきます!しっかり対策することで中折れは治ります!ぜひ参考にして、女性陣をヒーヒー言わせちゃいましょう!

中折れの種類と原因

中折れの種類と原因

中折れの原因は主に「ED(勃起不全)」「膣内射精障害」の2つに分けられます。

勃起はペニスの海綿体に、血液がポンプのように流れ込むことで硬くなりますが、この勃起力が弱まることで持続できなくなります。

ED(勃起不全)

心因性ED

心因性EDとは、精神的な不安が原因で起こるED(勃起不全)です。「セックスが下手で嫌われたらどうしよう」「途中で萎えてしまったら・・・」というプレッシャーなど、身体には問題ないが、メンタル面の不安が引き金となって起こります。

この心因性EDは、20代~30代の若年層に多く見られ、セックスの経験不足や過去のトラウマが原因となっています。

器質性ED

器質性EDとは、生殖機能の低下により起こるED(勃起不全)です。年を重ねることで筋肉や男性ホルモンが減少し、心は元気だが、身体機能が衰えているため勃起できません。

運動不足、偏った食生活、ストレス、タバコの吸い過ぎなど、日常生活の乱れや加齢がEDの原因となっています。

膣内射精障害

膣内射精障害とは、問題なく勃起するのに膣内で射精できない・・・、という症状です。「挿入して10分以上たっても全然イケずに、最終的に萎えてしまう」という場合は、膣内射精障害の可能性が高いでしょう。

誤ったオナニーが原因であり、握る力が強い、ペニスに刺激を与えすぎるといったように過剰なオナニーをしていると、膣の刺激では弱すぎて勃起が維持できず萎えてしまいます。

20代の中折れで急増する「薬剤性ED」

20代の中折れで急増する「薬剤性ED」

昨今、20代で中折れする人が急増しており、そうした若年層の勃起不全は「若年性ED」と呼ばれています。

社会人としてスタートしたけど、想い描いてた夢と現実にズレが生じ、仕事のストレスやセックスのプレッシャーにより、うつを発症し、「抗うつ剤」を服用したことで勃たなくなってしまう「薬剤性ED」が流行っています

「抗うつ剤」には副作用があり、生活習慣や体質に影響を与えるなど、EDに悪影響を及ぼします

年齢別にみる中折れ原因

年齢別にみる中折れ原因

10代・20代・30代は心因的要因による「心因性ED」。40代・50代は体力的な衰えによる「器質性ED」が原因となっていることが多いです。

10代の中折れ原因

10代後半の思春期になると、友人関係や学校などのストレスを強く感じるようになり、中折れを経験する人が徐々に現れ始めます。割合としては10人に1人程度の少なさです。

セックスを初体験する時期でもあり、経験不足による失敗から中折れを起こす人もいますが、若いうちは経験を積むことで自身が付き、自然と治っていくことが多く、そこまで神経質になる必要はないでしょう。

20代の中折れ原因

20代といえば一番性欲盛んな時期ですよね。就職して仕事のストレスや悩みが増えるため、中折れする男性が増加し始める時期でもあります。割合としては10人に3~4人は中折れ経験者です。

30代の中折れ原因

30代といえば、仕事が成就し、結婚して子供が生まれる、など人生が大きく変わる時期です。忙しい日々から疲れが溜まり、セックスを楽しめないという大人が増えています。割合としては10人に4~6人はセックスで中折れを経験しています。

40代の中折れ原因

40代になると、体力や身体機能が低下して、勃起力が徐々に減退し始める時期です。歳をとるにつれ身体が衰えていき、40代の中折れ原因のほとんどが「器質性ED」になります。割合としては10人に5~7人が中折れを経験しており、連続して中折れを経験する人が顕著に見られます。

50代の中折れ原因

50代を過ぎると、体力が落ちてセックスから引退する男性も増える年代です。割合としては10人に7~8人以上が中折れ経験を持っているという調査結果があります。

とはいえ、50代~60代を過ぎても、バリバリ現役でセックスを楽しんでいる男性もいるので、鍛えれば中折れせずに女性をブイブイ言わせることができます!諦めないでください。

中折れを引き起こす11の原因

中折れを引き起こす11の原因

中折れは日常生活のさまざまなことが要因となって、引き起こされます。そこで中折れの原因となる行動についてご紹介します。

セックスへの不安&トラウマ(心因的要因)

マスターベーションでは最後までイケるのに、リアルな女性との本番行為だと途中で中折れしてしまうという場合は、このセックスへの不安やトラウマにより起こる「心因性ED」の可能性が高いです。

心因性EDとは、身体には不調がないのに、心因的要因で起こる勃起不全のことを指します。

例えば、セックス経験不足による不安や恐怖。過去に「セックスが下手くそ」と言われた、「初体験で緊張してペニスが勃たなかった。」など、過去のトラウマがプレッシャーとなり、ペニスが萎えてしまうのです。

一度中折れを経験すると「今回も萎えたらどうしよう」という、負のスパイラルに陥りやすくなります。

ストレスや悩み

ストレスや悩みはED(勃起不全)の大きな原因のひとつです。仕事のイライラやトラブルなど、ストレスや悩みを抱えているとホルモンバランスが崩れて、勃起不全を引き起こします。

自分ではセックスに集中しているつもりでも、心の奥底に悩みを抱えていると本能的にストレスを感じ、それが原因でペニスを萎えさせてしまいます。

疲労が溜まっている

勃起は興奮によって引き起こされます。仕事が忙しく疲労が溜まっていると性欲よりも休みたい気持ちが上回り、気持ちが萎えてしまって勃起できなくなります。

過激なマスターベーション

「マスターベーションでは最後までイケる」のに本番になると萎えてしまう・・・、と言う人はマスターベーションのやり方に問題があることもあります。

マスターベーションのし過ぎ、ペニスを強く握る、手を速く動かすなど、過激なマスターベーションをしていると強い刺激がないと快感を得られなくなります。女性の膣内では物足りなくなって、勃起できなくなるのです。

体力低下・運動不足

運動不足も中折れの要因となり、体力が低下すると勃起不全につながります。

昨今デスクワークや在宅が増え、運動不足による体力低下が問題となっています。本番行為に移ってから、体力がもたず中折れを起こします。

お酒の飲み過ぎ

適度な飲酒はストレス発散と緊張をほぐす作用があり「勃起」に効果的ですが、アルコールを飲み過ぎると脳の働きが鈍くなります。その結果、神経の伝達が鈍くなり興奮が伝わらないため、勃起不全になります。

ベロベロに酔ったときに勃たないのはこのためです。セックス前のアルコールは、適量にとどめておきましょう。

マンネリによる中折れ

長年一緒にいるパートナーとのセックスはどうしてもマンネリ化してしまいます。そのため興奮が得られず、中折れの原因となります。

実際に「彼が途中で中折れしちゃう」「夫が全然イってくれない」といった悩みを抱える女性はとても多いです。

男性は飽きやすい性分のため、毎日同じ相手・同じプレーだと新鮮さがありません。こうしたマンネリ感は、興奮が失われ中折れの原因になっています。

風俗のマンネリ化

男性の性欲を晴らしてくれる「風俗」。始めのうちは「可愛い子とヤレる」とテンションが上がりますが、それも毎日だと初々しさが無くなり飽きてきます。

また風俗って、手っ取り早く抜くにはいいですが、「はいどうぞ、さっさとイって」という業務感があって、萎えるんですよね。こっちはロマンを持って、ラブラブなエッチを求めているのに・・・。

部屋でのエッチ

家族と一緒に住んでいる方は、部屋でエッチをしていると、バレるのではないかという恐怖心から、中折れを発症させてしまいます。

膣の中が気持ちよくない

たいていの場合、中折れは男性に原因がありますが、女性にも原因があるケースがあります。マンコが濡れていない状態で挿入すると、ペニスがすれて痛みを感じることもあります。また、パイパンは毛がジョリジョリと当たり、気持ちよくないです。

身体機能の低下、体の病気

本番やマスターベーションで中折れしたり、朝立ちする回数が減ってきている場合は、「器質性ED」の可能性が高いです。器質性EDとは、身体機能の低下によって起こる勃起不全のことです。

勃起は、海綿体に血液が流れ込むことでペニスが硬くなります。生活習慣病による身体機能の低下、男性ホルモンの分泌量の低下なども、器質性EDの要因になります。

中折れを改善する7つの「中折れ対策」

中折れを改善する7つの「中折れ対策」

食生活を改善する

中折れを改善するには、食生活を見直すことが大切です。勃起を促す「アルギニン」が不足していると、勃起力が低下して中折れしてしまいます。

つまりアルギニンを摂取することで、勃起力がアップし中折れ対策に役立ちます。アルギニンは、魚介類、大豆類、肉類に多く含まれています。アルギニンはアミノ酸の一種であり、たくさん摂取したからといって、その分効果が増すわけではありませんので、バランスよく摂取することが大切です。

肉、魚、大豆食品を食べて、中折れ対策!しっかり精力をつけましょう!

「筋トレ」でPC筋を鍛える

中折れは、勃起させる筋肉(PC筋=骨盤底筋)が衰えているため萎えてしまうのです。そこでPC筋を鍛えることで勃起力がアップし、中折れを改善できます。

PC筋は主に「スクワット運動」「肛門締めトレーニング(PC筋トレーニング)」で鍛えられます。PC筋をダイレクトに鍛えるには、 肛門締めトレーニングがおすすめ。「肛門を5秒締めて、5秒緩める」を10回1セットとして1日3~4セット行います。

「有酸素運動」で体の調子を整える

ウォーキングやランニングなどの有酸素運動も中折れ対策におすすめです。

有酸素運動をすることで「血管の改善」「血行促進」「ストレス解消」「心肺機能の改善」「脂肪燃焼」などの効果があり、勃起力アップに役立ちます。

質の高い「睡眠」をとる

睡眠不足になると男性ホルモンが減少し、勃起不全、精力減退につながり、中折れを引き起こします。

勃起力を改善するためには、1日7~8時間の睡眠をとる必要があり、特に22時~深夜2時の睡眠ゴールデンタイムは、男性ホルモンが最も分泌される時間帯なのでしっかり眠りに着きたいところです。

質の高い睡眠をとるためには「寝る前にスマホを見ない」「寝る直前に入浴しない」ことが大切であり、睡眠前に軽いストレッチやアロマを炊くことで安眠しやすくなります。

禁煙&禁酒する

喫煙者の4割以上はEDと言われており、タバコのニコチンは血管を収縮させ血流を悪くし、勃起力を低下させてしまいます。中折れに悩んでいる方は「禁煙」しましょう。

また、適度なお酒はOKですが、アルコールを飲み過ぎると神経の働きが鈍くなるため、中折れの原因になります。

「正しいオナニー法」でED対策!

過激なオナニーは、中折れの原因となります。正しくオナニーすることで勃起力を維持することができます。

【正しいオナニー法】

  • フル勃起の時に射精する
  • オナホールやTENGAを使い、低刺激に慣れる
  • 20~30分かけてじっくりオナニーする ←早漏対策になります!

オナニーでイク時は、フル勃起状態で射精するようにしましょう。萎えている時に射精するのを続けていると、本能的に体が覚えてしまって、本番時に勃起できなくなってしまいます。

また、低刺激に慣れるためにオナホールやTENGAを使うようにしましょう。

さらに、よくありがちなのがオナニーですぐ射精してしまうこと。家族やカップルで一緒に住んでいると、バレないようにと短時間でサっと抜くことが多いですが、これを続けていると早漏になってしまいます。オナニーは20~30分かけてじっくりするのが理想です。

逆転の発想で「中折れ」を克服!

「中折れするな!中折れするな!」と思えば思うほど緊張感が高まり、中折れしてしまいます。これを専門的には「精神交互作用」と呼ばれています。

「精神交互作用」とは、ある感覚に対して、過度に注意が集中すると、その感覚はより一層鋭敏になり、その感覚が固着される。

出典:神経症を治す~神経症(不安障害)の治療方法

プロのアスリートの世界でも、本番にこの心理が応用されており、「勝負に負けたらどうしよう」「ミスしたらどうしよう」といった心配がミスを誘発するため、逆転の発想で、「勝負に勝つ!」「ゴールを決める!」とポジティブな思考に変えます。

病は気からと言われるように、セックスにおいても、この逆転の発想を使い「勃起している自分を想像」して、ポジティブに考えましょう。

「ED治療薬」は中折れ対策に効果的だけどおすすめしない

「ED治療薬」は中折れ対策に効果的だけどおすすめしない

手っ取り早く中折れ対策したいなら、「ED治療薬」が最も強力で効果的な方法です。ED治療薬は「バイアグラ」「レビトラ」「シアリス」の3つが有名ですが、これらの薬は効果が強力な分、副作用の恐れもあります。

▼バイアグラの副作用

  • 頭痛
  • めまい
  • 顔のほてり
  • 血圧低下
  • 全身の充血

ED治療薬は、血管を膨張させ、無理やり血液を送り込むことで勃起を誘発するものです。副作用の危険性も高いため、ED治療薬を使った中折れ対策は、個人的にはおすすめしません。

中折れ対策には「勃起サプリ」がおすすめ!

中折れ対策には「勃起サプリ」がおすすめ!

セックスしたい気持ちはあるのに、中折れしてしまうなど、年齢による体力低下が原因で起こる器質性EDには「勃起サプリ」がおすすめです!

数ある勃起サプリの中でおすすめしたいのが「ヴィトックスα」。

ヴィトックスαは安心の国内製造で、アルギニン、シトルリン、亜鉛、マカパウダーをはじめとした100種類以上の厳選した天然成分を凝縮し、勃起力を高めてくれます。

これはホントに凄い!筆者も飲んでいますが、素直におすすめしたい勃起サプリです。

まとめ

中折れは誰もが経験していることであり、決して恥ずかしいことではありません!中折れの原因を知って、しっかり対策することで改善できるので、ここで紹介した原因と対策法を実践して、夜の活力を取り戻しましょう!

あなたに素晴らしい出会いがあることを心から祈っています。

【結論】セフレ探しなら「PCMAX」が一番ヤレた!

これまで100以上の出会い系サイト/アプリを利用してきた中で「PCMAX」が一番素人女性とヤレました!

手っ取り早くヤリたいなら「PCMAX」への登録は必須でしょう!もう風俗に高いお金を払う時代は終わりです!

詳細はこちら

気に入ってくれたらブックマークしてね!

関連記事

カテゴリー

人気の記事

新着の記事